スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

こんぺいと

今日は、夕食時に思わぬ来客が。昨日つくったパスタの残りを一人平らげようとしていた時、数ヶ月前から近所に住み始めた小学校時代の親友から、「ちょいと、いい肉手に入ったから今からお前ん家行くね。」と電話が。
 喰いモンであろうが、飲みモンであろうが、口に入るもの全てのプロフェッショナルであり、現在、肉の卸売りを勉強中の彼が持ってきたのは、コンペイトウというタンの根っこ部分。適度な食感がたまらなく美味で、うちには白飯とキムチしか用意できるものは無かったのですが、至福の晩御飯となりました。
 そんな、彼も3週間後にはオーストラリアへと旅立ってしまうという。いつも、美味しいものを喰わせてくれながら、素敵な食べ物やお酒の薀蓄を聞かせてくれる彼とのしばしの別れを惜しみながら、お互いの健勝を祈り、別れたのでした。

 
2006年05月17日 | 未分類

プロフィール

カレンダー

リンク

メールフォーム

天気予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。