スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Gentle Rain

家を出る時、傘を持っていくかどうか迷うような天気が続いていますが、皆さんはそういう時どうしていますか?
 おれは今日、人生で抱えている謎の一つが解けました。
 「イギリス人はなぜ傘をささないのか?」

今までおれは、「どうせイギリス人は、ユアン・マクレガー(トレイン・スポッティングの中の)みたいなヤツばっかで、傘さすのが面倒くさいか、傘買う金で濡れたままパブでギネス飲んだ方がいいとか思ってるんだろ。」と勝手に結論づけ、この謎は解決したものとしていました。
 しかし、最近の、降るんだか降らないんだかハッキリしない天気が続く中、ふと自分の過ちに気付いたのです。イギリスは、一日の中に四季があると言われる国。つまり一年中、降るんだか降らないんだかハッキリしない天気なのです。それだったら。傘、持っていかないでしょう。少し雨に降られたって「いやあ、参ったよ。」と、ちょっとは格好つけられるってもんですが、一日晴れてたのに傘をもって帰り道を歩いている姿ほど間抜けなものはありません。フォローのしようがありません。

相手の立場になって考える。これって、やっぱり大切なことですね。
  この調子で、「白人はなぜ冬でも半袖で笑っていられるのか。」も解明したいと思います。

 
2006年05月12日 | 未分類
«« Sweet Love Shower  | HOME | 前衛 »»

プロフィール

カレンダー

リンク

メールフォーム

天気予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。